素敵なウェディングドレス選び!Happy Wedding

ウェディングドレスの入手方法

ドレスの入手方法には大きく分けて、セルとレンタルの2つのタイプがあります。レンタルの場合は挙式後に返却ということになり、セルドレスとは既製品のドレスを購入する方法になります。ここでは、ウェディングドレスの入手方法を紹介します。

ウェディングドレス入手方法

フルオーダー・オートクチュール

徹底的にドレスにこだわりたいという方にぴったり。生地からデザイン、レースなどデザイナーと打ち合わせをして、自分の思いのままのドレスがオーダーできます。そして、自分の体型にぴったりあったドレスに仕上がります。ただその分、時間がかかり料金も高くなりますが、世界にひとつだけのウエディングドレスを着ることができます。自分の体にぴったりとあったものが欲しいなどこだわりたい人にはおすすめの方法です。

セミオーダー

基本のドレスに合わせて、用意されているパターンの中から襟や袖などディテールを選び自分のサイズでドレスを注文して購入する方法です。フルオーダーより時間がかからず、リーズナブルに入手することができます。

オーダーレンタル

フルオーダー、セミオーダーしたドレスを挙式後にお店に返却しその後はレンタル商品として扱われるシステムのことです。新品ドレスを最初に借りることができるので、「ファーストレンタル」と呼ばれることもあります。既存のドレスパターンの中から選び、好みや体型に合わせて調整します。挙式後は返却するためセルドレスよりも安価ですが、通常のレンタルドレスに比べると若干高めとなる場合が多いです。こちらも時間はかかりますが、オーダーしたものを購入するよりはコストダウンすることができます。オーダーレンタルできるお店が少ないので、事前に調べておいた方がよいです。

レンタル

結婚式場やドレスショップで、既製のドレスから選んでレンタルする方法で、着用後に持参や配送によって返却します。現在もっとも利用の多いレンタルは、ドレスのバリエーションがとても豊富なのと、クリーニングや保管などといった挙式後の管理が不要という手軽さが利点になります。金銭的にもオーダーメイドよりも費用を低く抑えることができるのも魅力の一つです。

ドレス入手までのスケジュール

ウェディングドレス入手までのスケジュールを見てみましょう。

レンタルの場合

結婚式の6ヶ月前に来店して、試着をしてイメージをつかんでおきましょう。またホテルやブライダルフェアで発表される新作ドレスを見に行ったりして情報を集めましょう。人気のドレスは他の人と利用日が重ならないように、早めに予約します。3ヶ月前には何店か足を運んで、衣裳を試着します。自分にぴったりのドレスを絞り込んで、小物も合わせて仮押さえしておきます。結婚式の1ヵ月前にはドレスの最終決定をします。補整下着を持参して着用、サイズ調整のフィッティングをします。2週間前には最終フィッティング。ブーケは2週間前までに手配しておきましょう。そして結婚式当日に会場で着用します。レンタルショップで借りた場合には、翌日返しが一般的で、遅れると延滞料がかかるので、期間中に返却します。

オーダーメイドの場合

6ヶ月前に電話予約して来店します。過去に作られたドレスを見せてもらうとともに、料金や日程的なことを確認して、店によっての個性があるので、イメージと違う場合には、何店か回り、デザインや生地を決定します。3ヶ月前までには1〜3回の仮縫いに立ち会うようにします。一ヶ月前、最終の仮縫いを終えて、細部の確認や、小物類の相談をします。2週間前には仕上がったドレスの受け渡しの確認をします。自分で用意しなければならない小物の購入や、ブーケ手配は遅くとも2週間前までにしておきます。結婚式当日は会場で着用して、着用後はクリーニングに出して湿気の少ないところに保管します。ショップによってはベビー服などにリメイクしてくれるところもあります。

Valuable information

わきが
http://www.fbc-wakiga.com/

最終更新日:2016/6/15

ページTOPへ戻る