素敵なウェディングドレス選び!Happy Wedding

試着の準備と注意点

結婚式は一生に一度の晴れの舞台です。その晴れ舞台に着るウェディングドレスは、納得のいくまでじっくりと選びたいものです。そして、ぴったりのウェディングドレス選びに欠かせないのが試着です。ここでは、ウェディングドレスの試着の準備と注意する点についての紹介をします。

試着前の準備

雑誌やインターネットなどを利用して、ある程度自分の好みのウエディングドレスを見ておきます。絶対にゆずりたくないポイントを3つほど決めておけばウェディングドレス選びがスムーズに進みます。お店に予約する時に会場や予算、サイズなどをお店の人に伝えておきます。会場の広さや雰囲気によっても全然違った印象になってしまうので、実際の式場の写真を持っていくのがよいです。試着はできれば土日よりも平日の方が込み合わず、ゆったりと落ち着いた気分で選べるのでおすすめです。また、ジューンブライドの時期に合わせて3〜4月は特に込み合うので早めに予約を入れておくのが正解です。同様に、スーツも購入するなら早い時期に済ませておきましょう。

試着当日の準備

下着は、上はビスチェやストラップレスのブラを付けていくようにして、下はスレンダーなドレスを着る人以外はフレアパンツやペチコートを着るのがおすすめです。試着室には店員さんと一緒に入る事がほとんどなので、エチケットでもあります。そして、実際の結婚式の姿をイメージできるように、メイクとヘアーアップも忘れないようにします。また当日履いていく靴ですが、何度も着替えることも予想されるので、着脱のしにくいブーツなどは避けましょう。

お店に来店

来店の際は余裕をもって遅れないようにします。予約は1回につき1〜2時間程度の時間制になっていることが多いので、後の人に迷惑をかけないためにも時間はきっちりと守ります。もしも、気に入ったドレスの雑誌の切り抜きなどあれば、ショップに持っていけば試着もスムーズ進みます。また、すでにドレス用の下着が決まっている人は、体のラインやサイズが変わってしまうので忘れずに持っていきます。

コーディネーターとの打ち合わせ

カウンセリングシートに名前や住所などの基本情報と、加えて挙式日や会場、レンタルやセルの希望などを記入していきます。これをもとに担当者とカタログを見ながら好みのドレスやなりたいイメージを相談して、2〜4着ほどに絞りっていきます。選んだドレスはサイズやレンタル可能かどうかを確認して、在庫があれば持ってきてくれます。

ショップの検索と試着予約

当然のですが、それぞれのショップが取り扱っているドレスの種類は様々です。雑誌を見たり、インターネットで検索して、自分のイメージや予算とぴったりのドレスが手に入るショップを探しましょう。行き当たりばったりにせずに、できるだけ自分の着たいと思うドレスのあるショップを選んでおきましょう。また、ドレスショップでの試着は、多くの場合が予約制ですので、事前に予約を取って出かけましょう。絶対にお忘れなく!

ヘアーメイクについて

ドレスと同じように、ヘアメークも自分に似合うスタイルを見つけておくのが、晴れの日にキレイになるための大きなポイントです。結婚式の1ヶ月くらい前になったら、当日に向けてヘアメークの計画を練りはじめておきましょう。式場の美容院やスタッフにお願いをしてもいいですし、外のヘアメークの方に外注するのもいいでしょう。その場合は、会場に、外のスタッフを使っていいかの確認を忘れずに。

おすすめWEBサイト 5選

btoパソコン
http://www.vspec-bto.com/

2015/3/19 更新

ページTOPへ戻る