素敵なウェディングドレス選び!Happy Wedding

ウェディングドレス試着のポイント

試着はウェディングドレス選びの重要な段階です。自分に合った、より理想のドレスを見つけるためには、挙式当日のイメージを正確に持っておくことが重要なことです。試着時だけではなく、後で比較するためのグッズも用意しましょう。実際に試着したときのチェックしておきたいポイントを紹介します。

カメラ

後日、自分でドレスの印象を確認できるように、写真に残すためのカメラを持参しておきましょう。また、ショップによっては撮影禁止の所もありますので、必ず事前の確認をしましょう。全体、バストアップ、後ろ姿の3カ所は必ず撮ってから後で冷静に決めましょう。デジカメであれば、その場ですぐに確認もできます。
結婚式では、正面だけでなく、全身を見られるので、後ろ姿というのも、重要なポイントになってきます。こうして事前の準備ができたら、あとは気に入ったドレスをどんどん試着していきます。そして大事な事ですが、試着した姿を彼に見せるのもいいのですが、できるだけあなたのことをよく知っている母親や友人に同行してもらって、意見を聞くことも自分にぴったりの一着を見つける近道の一つです。

できるだけ多く試着する

たくさんのウェディングドレスを試着しているうちに、自分の中のイメージも変わって来るものです。色、形は好みもありますが、数を多く着ていると、自分に合った色、形がだんだん鮮明に分かってくると思います。また、着ている時の圧迫感、着やすさなども、選ぶ際のポイントになります。それから光り物の入り方にも気をつけたいところです。入場時にはスポットライトが当たるので、あまり光り物が入りすぎると、乱反射しすぎて「うるさい」印象になってしまいます。他には、小物との合わせ方や、複数のドレスを着る場合には、全体の色のバランスなどにも気を配っておく必要があります。

イメージを絞って

細かい点を挙げればキリがありません。とにかく数を着ることと、色々な店を回ること、この2つに尽きます。しかしたくさん回ると新郎の方がが疲れて、どうでもいいモードになりがちなので、ある程度絞った方が彼氏と喧嘩もしなくてすみますよ。始めはいいのですが、3件目ぐらいから飽き気味になりますので、その点も先に織り込んで、廻るショップと着てみたいウェディングドレスを絞っておきましょう。

実際に試着

フィッティングルームでは、担当者が着付けを手伝ってくれるので心配がいりません。着付けが終わったらフィッティングルームを出て鏡で確認します。その際にはくつやアクセサリーも貸し出ししてくれたり、髪を下ろしている場合はアップにしてくれたりするので、全体的なバランスを見ておくことができます。気になるところがあったらお店の人に相談します。相談することで、自分の好みを把握してくれ、さらに良い提案をしてくれることもあります。

注目サイト

進研ゼミ高校講座
http://kzemi.benesse.ne.jp/
ipad修理専門店
http://www.ipad-castle.com/

Last update:2014/11/14

ページTOPへ戻る